一日に動く平均的な幅を見てタイミングよくFX

運よく含み益のポジションを持てたとしても決済のタイミングを判断するのがFXでは意外と難しく、様子見と自分に言い聞かせてずるずるとホールドしたままということが多かったけれど、チャートで最近の日足の高値から安値までの幅をチェックすればこういったことで悩まなくていいことがわかりました。

為替が勢いに乗っているときは一日のローソク足の幅が大体似たような数値になりやすいですし、エントリーした場所から今日はあとどのくらい動きそうかということが予想しやすくなり、何日も先まで含み益を抱えたままということがなくなって資金効率がよくなったと思います。

決済だけでなくエントリーも同様に、一日の値幅が十分だったならもうこれ以上動くのは期待できない可能性が高いといえるから、チャートのパターン的にはチャンスに見えてもわずかしか利益が取れなさそうなときはあえて入らないことにしています。

次の日にまたいだポジションを持つと為替の流れが急に変わってしまうこともあるので、デイトレらしくできるだけ一日のうちに決済しておきたいと常々思っていたこともあり、日足の値幅をチェックしてFXをするのはいい判断材料だと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>