FXのやり方の説明が不十分に思える

為替トレーダーの手法とは、例えばドル円が100円を越えれば上抜けなのでそれについて買い進み、
97円を割理込めば底割れなので売るというように、予め上下のライン定めておきそこに到達するまで、
簡単に言えばただ見てるだけなのです。

チャートを見ていて、ブレークすればそれについて行くだけですので、機械的に自動売買してるのと一緒です。
ブレイクしない間は、ボックス圏での上下になりますから、それを利用しても儲けることも出来ます。

相場観や説明はあとからついてくるものといって良く、あとつけ講釈のはびこる世界といっていいでしょう。
ですからFXは因果関係の説明のしにくさや、あいまいさにおいては、株の上をいくと思います。

まだ株の方が上げ下げの材料もわかりやすく、素人でもとっつきやすいのではないでしょうか。
FXをやる人はチャートと毎日にらめっこしながらのスキャルピイングの連続です。
疲れると思いますよ。

やり方も良くわからないうちに、資金をあっというまになくしてしまう人があとを立たない、厳しい世界のようです。

私も興味はあるのですが、FXというものが誰にでも理解できるレベルで、手取り足取り解説してくれてるサイトに、
まだ一度も出会ってない感じがするのが、どうしても納得できないところです。

株よりシンプルだという人もいますが、私にはFXは不透明な部分が多過ぎるように見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>