海外業者経由でFXをやってみて

海外FX業者はポイントサイト経由で始めたのがキッカケでした。

ポイントを5000円くらいから10000円くらいまでもらって10何件口座を作りなした 始めた頃はロスカットが怖くてビクビクしてましたが今はそうなっても「またか」ぐらいです。

国内業者と比べて結構スワップがつくところがあり利息のようなものだと思って今も続けています。まっ、何もしないよりはカッコよく言えば「資産運用」ですからロスカットしなければずっとスワップつきます。
海外FXランキング

ただ本気になってやるので有れば世界情勢なども視野に入れなければならないようですが 私は程々にと言うかなんとなく少しでもお金になれば良いかと思ってこれからも続けていきます。

掛け金が100円からのところもあり儲けまではいきませんけど多少なりともプラスになっています。

ただマイナスになる時も或るので注意は必要です。
結局浴を出していつまでも引っぱってるよりどこで損切りするのが決断するのが難しいですね 。人間欲には克てませんから。

FXで利益をだしました

FXは少ない資金で大きな取り引きが出来るところがとても魅力的です。
私も最初は5万円からFXの取り引きを始めました。

ちょうど円高の時だったので、ユーロを買うことにしました。

その海外FXというものですが、特に見ていくべきなのが紹介ホームページです。私自身も利用させていただきました。海外FX業者につきましては、翻訳して紹介してくれているホームページもあります。登録の方法についても細かく解説してくださっていますので、そういったところを積極的に利用してみるとよろしいのではないでしょうか。
参考:思った以上に簡単に参加できるのがイイ!! | 海外FX比較ランキングcom

そして、円安が進んで資金が増えたので、更にユーロを買うことにしまいした。円高のときに外貨を買って、円安に進むのを待つのが一番利益が上がると思います。今は円安が進んでいて、これ以上円安が進むのかどうかが気になるところです。
今は外貨を買うには勇気がいることだと思います。これから円高に傾くとしたら、今からFXを始めるには外貨を「売り」から入ったほうがいいですし、まだ円安が進むと思ったら「買い」から入ったほうがいいでしょう。

今の状況ではFXを始めるにはとても難しい状況だと思います。

私はちょうど円高のときだったので、それ以上円高になるとは考えられなかったので、ユーロを買うことから始めました。それで円安に進んだので、かなりの利益を上げることができました。今はFXは一休みしていて、これから、為替がどういうふうに変わって行くのか見守っているところです。

「売り」から始めるのはとても難しいと思いますので、また円高になった時に外貨を買いたいとおもっています。

ちょこっとお小遣いを稼ぐ、ぐらいなら出来ますね。

友達に勧められて、始めて見ることにしました。かなり難しいイメージがありましたが、そんなことは
ありませんでしたね。友達にほとんど教えてもらいましたので、あまり偉そうなことも言えませんが。

レバレッジだとか、スプレッドとか言葉を覚えるのは大変でしたね。普段使う言葉では無いので、
FX関連の文字を読むのも一苦労です。まぁすぐに慣れましたけどね。始めはうまくいかないとかも
ありませんでした。実際にやっている人とやってましたから有利ではあったでしょうね。
なんでもそうですが、一人でやるのは良くなさそうです。情報のシェアも出来ますからね。

難しいものには手を出さない、などのルールも決めています。よく分からないことをやると、やっぱり
負けますし、なんで負けたのかよく分からないのも駄目ですから。なので買って、持ち続けて、
上がったら売る。ということを繰り返しています。下がった時に買っておけば、大体上がりますね。
遊びながら、小遣いを稼いでいる感じです。こういう遊びも悪くないです。

とは言え、怖い部分もありますから、注意も必要です。レバレッジとか高くする勇気が、
なかなか出ません。かなり高いレバレッジでやっている人もいますが、正直信じられません。
急落とか、考えただけでも恐ろしい。

少し他の手法にも興味が出たので勉強中です。株と違って、いつでも取引出来るのでいいですね。

デイトレ

FXのデイトレでいくら儲けた等、よく聞く言葉だと思うが始める前に少し考えて欲しい。
当たり前のことだが儲かるということは同じ確率で損もする可能性があるということだ。

当たり前なのだが何故か必ず儲かると思い込んでやり始める人が多い。
当然、負けるつもりでギャンブルする人はいないので当たり前といえば当たり前なのだが
少しでもデイトレで勝つ確率を上げるために出来る事を書いてみたいと思う。

①指標発表時に仕掛けない
②30分程度レートを眺める
③1分足のチャート~60分足のチャートを見る

はっきりいってデイトレとはいえ1時間程度で注文~決済間で行うべきかと思います。
1日後の相場を読める人はそうそういません、短期的な相場は多少予測が可能です。
また、当たる確率は時間の長さに比例して悪くなるとお考えください。

①の理由は指標の結果によって左右され分析があてにならずどちらにでも動く可能性が非常にたかまるからです。
②の理由はレートをじっと眺めると動きの強さがわかるときがありますそこを狙いしかけるのが一番確立が高い気がします
③の理由は1分足の情勢はすぐに変化するので短い足からある程度長い足まで同じ動きをしているか確認するためです

損をしたくなければ色々ほかにも注意することはありますが上記のようなことにも注意していけば多少は勝率が上がるのではないかと思いますので一つの方法論として参考として頂ければ幸いです。

一日に動く平均的な幅を見てタイミングよくFX

運よく含み益のポジションを持てたとしても決済のタイミングを判断するのがFXでは意外と難しく、様子見と自分に言い聞かせてずるずるとホールドしたままということが多かったけれど、チャートで最近の日足の高値から安値までの幅をチェックすればこういったことで悩まなくていいことがわかりました。

為替が勢いに乗っているときは一日のローソク足の幅が大体似たような数値になりやすいですし、エントリーした場所から今日はあとどのくらい動きそうかということが予想しやすくなり、何日も先まで含み益を抱えたままということがなくなって資金効率がよくなったと思います。

決済だけでなくエントリーも同様に、一日の値幅が十分だったならもうこれ以上動くのは期待できない可能性が高いといえるから、チャートのパターン的にはチャンスに見えてもわずかしか利益が取れなさそうなときはあえて入らないことにしています。

次の日にまたいだポジションを持つと為替の流れが急に変わってしまうこともあるので、デイトレらしくできるだけ一日のうちに決済しておきたいと常々思っていたこともあり、日足の値幅をチェックしてFXをするのはいい判断材料だと感じました。

成功者側に立ちたいと努力しているところです。

増税を前に、少しでも資産を増やそうと思い、何かいい方法がないかと考えていました。

とはいえ、元々の資産が少ない分、その方法も限られてきます。
とりあえず競馬などといったモノを考えていたのですが、これもちょっと他人任せなような気がします。

もちろんそれなりの情報があればうまくいくとは思います。
ですがこれで儲かったとしても、世間的には何となく言いにくい雰囲気ではありますよね。

そこで、最近というかここ数年、比較的話題になりやすい取引、FXにでも挑戦してみようかなと思いました。
とりあえず銀行系の証券会社に口座を作り、少額から始めてみるかなと段取りしているところです。

実際の所、例としては成功した話の方が良く挙がっています。
数万円からスタートし、後に本業以上の稼ぎを得る、というお話です。
どこまで信用していいのかは解りませんが、夢としてはその方向ですね。

最終的に、FX取引の方を本業にできるぐらいになりたいものです。
しかし、確率的には少数なのでしょうね。

世の中うまくいった話の方が大きく取り上げられます。
その中で失敗した人をどう判断していくか、ですよね。

結局は自分自身の判断能力です。
するかしないかはもちろん、売り抜き時のタイミングなどもです。

恐らく、宝くじよりは確率は高いですよね。
金額を少額に止めておけば、です。

一攫千金。
ここからスタートですね。

自動売買の取引で勝率アップ?!

FXを自動売買で取引すると、かなり勝率が上がりそうです。

ついついやってしまう大負け、自動売買にすることで人為的な思いを排除して、機械的に取引することができます。

しかし、すべてを自動売買にすることで勝てるという保証はないし、少しは人為的にセットする必要がありそうです。指値注文や逆指値注文は、人がこの値で買う、売るというのを設定しておいて、その値になったら自動売買するものです。将来への注文になるから、いつも成行注文を繰り返しているよりは、勝率が上がるのではないかと思います。

シストレというのがどのようなものなのか具体的にわかりませんが、売買する値に関して自動で算出して売買するものであるなら、準人工知能のようなものでありレート予測をまったくしなくて済むようになります。

ただ起動させておくだけで、自動で売買を繰り返していくシストレ、実在するのかどうか定かではありません。知る限りでは、そこまでやってくれるプログラムではないようです。

FXのやり方の説明が不十分に思える

為替トレーダーの手法とは、例えばドル円が100円を越えれば上抜けなのでそれについて買い進み、
97円を割理込めば底割れなので売るというように、予め上下のライン定めておきそこに到達するまで、
簡単に言えばただ見てるだけなのです。

チャートを見ていて、ブレークすればそれについて行くだけですので、機械的に自動売買してるのと一緒です。
ブレイクしない間は、ボックス圏での上下になりますから、それを利用しても儲けることも出来ます。

相場観や説明はあとからついてくるものといって良く、あとつけ講釈のはびこる世界といっていいでしょう。
ですからFXは因果関係の説明のしにくさや、あいまいさにおいては、株の上をいくと思います。

まだ株の方が上げ下げの材料もわかりやすく、素人でもとっつきやすいのではないでしょうか。
FXをやる人はチャートと毎日にらめっこしながらのスキャルピイングの連続です。
疲れると思いますよ。

やり方も良くわからないうちに、資金をあっというまになくしてしまう人があとを立たない、厳しい世界のようです。

私も興味はあるのですが、FXというものが誰にでも理解できるレベルで、手取り足取り解説してくれてるサイトに、
まだ一度も出会ってない感じがするのが、どうしても納得できないところです。

株よりシンプルだという人もいますが、私にはFXは不透明な部分が多過ぎるように見えます。

日本の経済指標では為替が動かない

私はFXをやって数年が経ちますが行っている中で日本の経済指標について疑問に感じる事があります。

それは発表してもあまり為替が変動しないのです。例えばGDPの数値が発表になっても余程良かったり悪くなければ円安にも円高にも傾かないのです。

これは一体どういう事なのか考えてみるとFXはまだまだ日本人に浸透していないために東京時間にはあまり為替の変動がないのかも知れません。東京時間に企業がドルを買ったりする注文が多く入ると動く事もあるけれど経済指標自体は重要性が低いのかも知れないと感じています。

しかし海外の注目が高い場合には別だと思います。為替は世界中の人が取引をしていますので海外が深夜であっても注目の高い日本の経済指標があれば寝ないで取引を行う人も出てくるはずです。基本的には為替の変動には関わりは薄いけれど海外の投資家がどう見ているのか情報収集しておく事が大切だと思います。

日本は自国よりも海外の影響を受けやすいので日本よりも海外の経済指標の方が取引材料になると私は考えています。